PHILOSOPHY

保育理念について

保育理念

子ども一人ひとりを愛し
保護者の気持ちに寄り添い
個性・感性を伸ばし
社会で活躍する子どもを育てる
保育を目指します。

保育方針

子どもが主体の保育

全職員が全園児の個性を理解し、のびのび楽しく過ごせるよう一人ひとりを大切にします。

遊びと生活を
中心とした保育

自分でやりたいことを見つけて遊びに夢中になれるよう、子どもを取り巻く環境(時間・空間・仲間)を整えます。また、ゆったりとした生活リズムの中で基本的な生活習慣を身に付けていきます。

家庭的な関わりを
大切にした保育

温もりある環境の中で安心して過ごせるように、ゆるやかな担当制(食事や排泄はいつも同じ保育士が担当)で保育します。

一人ひとりの個性に
応じた保育

「その子らしさ」「持ち味」「発想」など個性を認め、一人ひとりのよき理解者となり、 「じっくりと待つ」保育を心がけます。

保育目標

いつも笑顔で挨拶する子ども

たくさんの愛に包まれ、
愛されていることを感じられる子ども

・人と関わることが好きになる
・ありがとうの感謝の気持ちをもつ

心も体も健やかな子ども

・五感を発達させ豊かな感性が育つ
・食べ物に興味を持ちおいしく食べる

自分の力を信じやってみようと思う子ども

・挑戦することを恐れず様々な体験をする
・「できた」をたくさん経験する